いけばな梶井宮御流 公式Webサイト | 京都・大原三千院を源とする500年の歴史を持つ流派です

いけばなとは

  • HOME »
  • いけばなとは

いけばなの起源

いけばなは室町時代以来、六百年に渡り継承されてきた日本の伝統文化です。当初はいけばなは立華と呼ばれ、貴族や僧侶による”たしなみ”でありましたが、徐々に武家階級、やがて庶民にも広く親しまれるようになり、江戸時代後期には生花を中心に文化として成立するようになりました。

江戸末期から明治初期になると生活様式の変化に伴い、投入れ、盛花などのいわゆる現代花の形式が発展し、床の間だけでなく、より身近に花を楽しむよう変化しました。この発展によりたくさんの流派が生まれました。

いけばなとは

「いけばな」とは、端的に言えば花や草木を器にいけること。しかし数ある花や草木、器を組み合わせていけられた作品には季節、天候などの自然観が空間に表現され、 「いける」その人自身を見てとることができます。

日本の伝統文化の一つである「いけばな」ですが、別称では華道とも呼ばれ、求道的な要素が強いとされています。これは「いける」ことが 命の輝きと対峙しこれを「いかす」こととされている所以であり、花自身の個性・美しさを最大限に引き出し、より輝かせるという意味が含まれているからです。

そのため欧米のフラワーデザインに比べるとシンプルなデザインが多いと言えますが、古来から継承されるスタイルには四季の変化が著しい環境で自然と調和し、命のあり様と対峙ながら先人達が育んできた日本独自の美意識を見ることができます。

生花

数ある流派

明治初期以降たくさんの流派が生まれ、現在では日本いけばな芸術協会に登録されているだけで300を超える流派があります。一般的には江戸末期以前から続く流派は投入れや盛花などの現代花も取り入れながらも立華や生花などの古典花を中心とし、華道たる求道的要素が強く、シンプルながらも奥深い美を表現している作品が多いのではないでしょうか。また明治初期以降から続く流派は、投入れや盛花などの現代花を中心とし、芸術性の高い要素が高く、華やかで豪華な印象の作品が多く見受けられます。

数ある流派の中から、ご自身の生活スタイル、考え方に合った流派を見つけ出すためにも、体験教室など手軽に楽しめる場を作っていらっしゃる流派がたくさんございますので、ぜひ一度花と触れ合ってみてはいかがでしょうか。またたくさんの流派が一堂に会す華展などにも足を運んで頂き、たくさんの作品をみて頂くことがご自身に合った流派にたどり着く近道かもしれません。

外部リンク

梶井宮御流の源 京都大原三千院京都大原三千院
PAGETOP
Copyright © Kajiinomiyagoryu All Rights Reserved.